カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

データ制作上の注意事項とお願い


※初めて入稿の方は、こちらの注意事項をお読み下さい。

Illustrator について

データの仕上げサイズを確認して下さい。
(印刷するサイズで作成をお願いいたします。)

ドキュメントの枠は必ず付けて下さい

書類のカラーモードはCMYKで作成して下さい

イラストレータの文字は必ずアウトライン化して下さい。(当社に無いフォントが出力されません。)フォント検索で確認をしてから入稿してください。

画像を配置(eps のみ)するときは、リンクボックスを必ずチェックして下さい。イラストレータ9.0J からは埋め込み(リンクボックスにチェックをいれない)でも大丈夫です。
尚、リンクした画像名を変えないで下さい。

ブレンドやエンベロープ等を使用した場合は必ず拡張をかけて下さい

配置データはラスタライズではなく、リンクで配置して下さい。(データの作成方法によっては埋め込んで頂く場合もございます。)

配置データは必ず添付して下さい。

塗り足し(ドブ)を必ず作成して下さい。

オーバープリントの設定はしないで下さい

各塗りの色はCMYK で作成して下さい。(RGBで作られた場合は、指定通りの色で出 力されません。)スウォッチカラーや特色は使用しないでください。

マスク作業を必要なデータは必ずマスクをかけて下さい。

ドキュメント外の不要なものは消して下さい。

レイヤーは統合して下さい。

ロックはすべて解除して下さい。

イラストレータでトンボを作成される場合は、トリムマークで作成して下さい。(CMYK各100%で線のポイントは0.3ポイント。)

線・文字は0.7ミリ(2ポイント)以上にしてください。フィルムがストライプやメッシュですので印刷抜けする可能性があります。

Photoshopについて

フォトショップの解像度は原寸で100〜150dpiで作成して下さい。

モードをCMYKにして下さい。

フォトショップでRGBからCMYKに変換した画像は、「情報」で必ず各ポイントを確認し、補正をして下さい。(データによっては、CMYKのバランスが変わることがあります。)


シースルー痛車フィルムのお見積りはこちらから!