カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

お取扱のご注意

以下の事柄をお読みになって、正しくお使い下さい。

シースルー痛車フィルムお取扱のご注意

  • 内貼り仕様を、店舗、クルマなどに貼った場合の耐用年数は5年程度。
    外貼り仕様を、クルマのリアウィンドウに貼った場合は1〜2年程度、店舗・事務所では2〜3年です。
    注意:試用期間の目安で、保障値ではありません。また、使用状況により異なります。

  • 外貼り仕様のフィルムをクルマに使用した場合、走行中に剥がれる心配はありません。

  • くもりガラスなどの凹凸の有るガラス面には貼る事が出来ません。

  • 印字面と非印字面を長時間接触させますと、インクが転写することがあります。

    保管する際は剥離紙(紙でもOK)を一緒に巻くなどして保管してください。


  • シートを折り曲げますと、折れ目が付き白く変色します。絶対に折り曲げないようご注意下さい。

  • シースルー印刷の原理上、夜間は内から外が見えづらくなる恐れがあります。クルマでの使用の場合、安全には十分気を配ってください。

  • 冬期などの寒い環境下では貼付きが悪くなりますのでシートをお湯に漬けて柔らかくしてから作業するとキレイに貼れます。クルマなどの外貼りでお使いの場合には、四隅を両面テープなどで固定することをお勧めします。

  • 洗車でも剥がれることはありませんが、ワックスなどが悪影響を及ぼす恐れがありますので、剥がしてから洗車してください。

  • クルマのリアウィンドウに外貼りしたフィルム上をワイパーが動いても剥がれることはありませんが細かい傷が付くことがあります。
    ワイパーは極力使わないようにしてください。
  • 長期間貼っておくとフィルム吸着面側の外周部が汚れ、その部分の吸着力が弱まる事があります。その際には、水で洗ってシートの汚れを落とし、貼りなおしてください。吸着力が回復します。

  • 汚れが付着した場合は、軽く水拭きしてください。その際、シンナー類やアルコール類(市販のクリーナー類)は絶対に使用しないで下さい。
    シートの変色、インク剥げの原因になります。
    ガソリンスタンドなどでウィンドウを拭く際には、シートは水拭きしてください。



シースルー痛車フィルムのお見積りはこちらから!